download

TITLECOMMENTPRICE
Body And Soul - Bill Evans, Affinity (アドリブコピー)Bill EvansのAffinityより Body And Soulのアドリブを採譜しました。 ピアノパートのみ1コーラスです。 Ab7の部分で明らかにAm7を弾いていますが コードネームはAb7のままにしてあります。 Ab7をAm7-D7alt(Am7-Ab7)と解釈して弾いています。 1拍半フレーズの部分は楽譜を読むよりも 聴いて覚えた方が分かりやすいかもしれません。 (PDFファイル/4ページ)300
Far Eastern Tale - Schroeder-Headz (ピアノソロ)Schroeder-HeadzよりFar Eastern Taleです。 ピアノソロで演奏できます。 コードネームは省略してありますのでご注意ください。 (PDFファイル/4ページ)300
Fly Me To The Moon - Oscar Peterson, Tristeza on Piano (アドリブコピー)Oscar PetersonのTristezaより Fly Me To The Moonの採譜です。 冒頭から2コーラス分ですが、ピーターソンの真骨頂ともいえる素晴らしいソロです。 ※ 冒頭から1'20"までですのでご注意ください。 (PDFファイル/3ページ)200
Isn't It Romantic? - Bill Evans, At Shelly's Manne-HoleBill Evans / At Shelly's Manne-Holeより Isn't It Romantic? のアドリブを採譜しました。 ピアノパートのみ1コーラスです。 I-VIm7-IIm7-V7の部分ではすべて7thコード(I7-VI7-II7-V7)になっており 3-7-#9のLeft Hand Voicingを聴くことができます。 Portlait In Jazzに収録されているWhen I Fall In Loveでも同じボイシングが聴けます。 またDm7(b5)-G7はどちらかというとFm6-G7に近かったのでそのように記しておきました。 (PDFファイル/3ページ)220
My Romance (ピアノ アドリブソロ)My Romanceのアドリブの例です。 Bill Evansのフレーズをモチーフにしています。 キーはCメジャーですが、 セッションではBb, Ebで演奏することが多いようです。 需要があれば移調した楽譜も作成いたします。 アドリブ1コーラス (PDFファイル/2ページ) 参考動画: https://www.youtube.com/watch?v=4K0BlV0L9CU180
Oleo - Bill Evans, Everybody Digs (アドリブコピー)Bill Evans / Everybody Digs よりOleoのアドリブ(ピアノ)を採譜しました。 テーマとベースソロに入るまでの4コーラス分の楽譜になっています。 いわゆる循環の曲ですのでコード表記は省略してあります。 特徴は以下の通りです。 半音上のアプローチ(B→Bb, C#m7→Cm7) コンディミ(Conbination Of Diminish)スケール(Edim, C7等で) 3コーラス目では1拍半の小さいモチーフを16小節の間繰り返しています。 4コーラス目では4ノートスケールを使用しています。 (PDFファイル/5ページ)250
Oleo - Pat Martino, Desperado (アドリブコピー)Pat MartinoのDesperadoより Oleoのギターソロを採譜しました。 4コーラス(0'26~2'18")の採譜です。 1ページ1コーラスに納まっていますので練習しやすいと思います。 煩雑になるためリハーサルマークは16小節ごとにしてあります。 またこの曲はいわゆる循環の曲ですのでコードネームは省略してあります。 ブルーススケールの使い方、IIm7-V7フレーズ、 またそれらのモチーフの展開は見事だと思います。 参考URL: https://www.youtube.com/watch?v=XTuMY9N49wc (PDFファイル/4ページ)200
Oleo - Red Garland, Relaxin' The Miles Davis Quintet (アドリブコピー)Relaxin'/The Miles Davis Quintetより Red GarlandによるOleoのソロ(3'22"~)を採譜しました。 バップらしい歌い回しが頻繁に出てきます。 同じ音のかたちが何度も出てくるので練習になると思います。 それぞれの音のつながりと強調してはいけないゴーストノートを意識してください。 Oleoはいわゆる循環と呼ばれている曲で、 煩雑になるのを避けるためコードネームは省いてあります。 I Got Rhythmなどのコード進行を参考にしてください。 (PDFファイル/2ページ)200
One Finger Snap - Herbie Hancock (アドリブコピー)Empyrean Isles / Herbie Hancock より One Finger Snapの採譜です。 ピアノのアドリブのみの10コーラス分を採りました。 コードについては若干省略してあります。 例えばBbmM7, Bbm7, Bbm6(Eb7)は全てBbmで記載してあります。 典型的な装飾フレーズが多く見られますので アドリブの参考になると思います。 (PDFファイル/10ページ)400
Someday My Prince Will Come (ピアノ アドリブソロ)Someday My Prince Will Comeのアドリブの例です。 Bill Evansのフレーズを部分的に使用しています。 アドリブ1コーラス (PDFファイル/2ページ) 参考動画: https://www.youtube.com/watch?v=OLERkNDPhy8180
Speak Low - Bill Evans, New Jazz Conception (アドリブコピー)Bill EvansのNew Jazz Conceptionより Speak Lowのアドリブ部分を採譜しました。 基本に忠実な分散和音のほか、 Scrapple From The Appleのモチーフを使うなど 比較的分かりやすいソロになっています。 アドリブ2コーラス (PDFファイル/5ページ)300
T.V.G. - Schroeder-Headz (リードシート)Schroeder-Headz「T.V.G.」の リードシートを作成しました。 ピアノソロ用の楽譜ではありませんのでご注意ください。 Schroeder-Headzはいわゆるペンタトニックスケールのフレーズを巧みに使っています。 またグレースノートは2種類ありますので音源をよく聴いてください。奏法について質問がございましたらお気軽にご連絡ください。200
The Christmas Song (ピアノソロ)ジャズスタンダードとして演奏される The Christmas Songのピアノソロ楽譜を作成しました。 アドリブはなくテーマのみです。 初心者向けですが、 ところどころにジャズらしいハーモニーが含まれていると思います。 基本的なボイシングを使用しておりますので、 ジャズらしい弾き方を求めている方には 参考になると思います。 動画URL: https://www.youtube.com/watch?v=mmd5f4cLwq8 (PDFファイル/2ページ)200
The Song Is You - Oscar Peterson, Plays The Jerome Kern Songbook (アドリブコピー)Oscar PetersonのPlays The Jerome Kern Songbookより The Song Is You の採譜です。 ピアノのアドリブ部分を1コーラス(0'57"~1'58")採譜してあります。 左手に10度がありますので届かない方は ルートは省く、ルートのみを弾く、3度にするなどて工夫してください。 (PDFファイル/4ページ)200
Very Early - Bill Evans, Blue In Green (アドリブコピー)Bill Evansの"Blue In Green"より Very Earlyのソロ部分を採譜しました。 Very Earlyは3拍子でコード進行もやや難しいところですが、 左手のいわゆるレフトハンドボイシングは 終始、基本に忠実ですので練習にいいかもしれません。 アドリブの手法はEvansらしいアルペジオが多い印象です。 なお、コードはリードシート程度の入力にとどめています。 例えばEbm7 Ab7はAb7として省略してあります。 アドリブ2コーラス (PDFファイル/6ページ)400
What Am I Here For - Billy Taylor (アドリブコピー)Billy TaylorによるWhat Am I Here Forの演奏を採譜しました。 右手のラインのみのコピーです。 また、完全コピーではなく雰囲気重視のほぼコピーです。 いざ演奏するとなると歌い方やコンピングにどうしても個人的な癖が出てしまうためです。 17小節目からのモーダルなラインが気になって採譜しました。 4度積みを上がったり下がったりですね。 参考URL: https://youtu.be/OKXunv0Rpu0 (PDFファイル/2ページ)200
When You Wish Upon A Star (ピアノソロ)テーマのみの演奏です。 イントロはBill EvansのI Do It For Your Loveを参考にしています。 G7で見られるアルペジオはBud PowellのIt Could Happen To Youの冒頭に似た一発ネタなので弾いてみてください。 デモ演奏: https://www.youtube.com/watch?v=4GAcKDcpn9g numacompactでYAMAHA S70XSを鳴らしてみました。 ハーフペダルが使えないので濁っている部分が出来てしまいました。 (PDFファイル/2ページ)200
You Must Believe In Spring - Bill Evans (アドリブコピー)You Must Believe In Spring / Bill_Evans よりYou Must Believe In Springの採譜です。 ピアノパートを2コーラス分採譜しました。 最後はテーマに戻りますがその部分は採譜しておりません。 あくまでアドリブが目的です。 後期のBill Evansはモチーフを多く使っている印象があります。この演奏も分かりやすい形がたくさん出てきますのでモチーフの使い方の練習になるはずです。 アルペジオ、シーケンスの形は覚えてしまってもいいかもしれません。 (PDFファイル/5ページ)400
いないいないばあっ!~おひさまのくに~ (トイピアノ)NHK DVD 「いないいないばあっ! おててタッチ」より オープニングテーマ「いないいないばあっ!~おひさまのくに~」をトイピアノにアレンジしました。 ※音域に注意してください。 25鍵用(F5~F7)のアレンジですのでF(ファ)から2オクターブ分の鍵盤があるトイピアノ、あるいは32鍵などそれ以上の音域を持つトイピアノで演奏できます。 (PDFファイル 2ページ)200
千の風になって -Stride Style- (ピアノソロ)「千の風になって」をジャズアレンジしました。 おもにストライド奏法を使用しています。 コードはいわゆるガイドトーン(3度と7度)を使用しており、 必要最低限の音ですので余裕があれば音を増やしてもいいと思います。 メロディを伴奏よりも気持ち後ろで弾くと推進力が出るはずです。 (PDFファイル 3ページ)200
喝采 ジャズ風 (ピアノソロ)ちあきなおみのヒット曲「喝采」を ジャズ風のハーモニーを加えて ピアノソロにアレンジしました。 サンプルの動画では伴奏がありますが、 ピアノだけでもサウンドしますのでご安心ください。 (PDFファイル 2ページ)180
川の流れのように (ピアノソロ)「川の流れのように」をリハーモナイズしました。 ハーモニーがいわゆるジャズ風で、 後半の左手は4分音符を刻むシンプルな演奏です。 (PDFファイル/2ページ)200
星間飛行 from マクロスF, 8ch (ピアノパート譜)ピアニスト8chによる「星間飛行 from マクロスF」の ジャズアレンジよりピアノパートを採譜しました。 練習用のマイナスワンを用意しましたのでご利用ください。 https://www.youtube.com/watch?v=xUSn55bCuRw 10ページにもおよぶので踏めくりが大変です。 リードシートでの演奏の希望があればご連絡ください。 (PDFファイル/10ページ)500
月光ステージ (リードシート)リクエストをいただきました、 「月光ステージ」という曲のリードシートを作成しました。 メロディに関しましては、 全てを正確に採譜すると楽譜が長くなってしまうため 基本的には1番の歌詞のままにしてあります。 短くおさめても5枚になっています。 つまり伴奏用の楽譜ということになります。 ソロやオブリなどの記載はありませんのでご注意ください。 また、以下にいくつか注意点を挙げておきます。 ① 5小節目などに見られるGbM7においてメロディがGとなっており、弾き方によってはぶつかります。特に129小節目(コーダから5小節目)はメロディがG音を伸ばしていますので要注意です。 ② 同様に39,41小節目のEM7,DM7においてもメロディとルートがb9でぶつかっていますので多少、注意を払ってください。 ③ 36小節目のEbm7は、Bbm9/Ebのように弾いた方が原曲に近くなります。 あとは主観になりますが、12小節目のBb G7/BはGm7 G7/Bでも問題ないと思います。ベースがGを弾くかBbを弾くかです。個人的にはGm7です。 また、110小節目(Gの1小節前)のG7/Bは弾かない方が次の展開につながり易くなると思います。200